インスタグラムをさらに活用するためのポイント3点

インスタグラム(Instagram)の基本的な使い方については、以前の記事を読んでいただけたでしょうか。
インスタグラムはこれだけではないんです。さらに活用していくため、3つのポイントがあります。
順番に説明していきますね。

これを知っていたら、さらにインスタグラムを楽しく使えること、間違いなし!

プロアカウント(ビジネスアカウン)を使ってみる

インスタグラムのアカウントには2種類あるのご存知でしょうか。
「個人用アカウント」と「プロアカウント」です。

新しくアカウントを作ったときは、自動的に「個人用アカウント」として作成されます。
しかし、インスタグラマーさんやお店などの公式アカウントとしてインスタグラムを運用したい場合、「プロアカウント」に切り替えるのことを強くおすすめしておきます。

プロアカウントのメリット

プロアカウントの最大のメリットは、インサイト機能を利用できるようになることです。インサイトは、フォロワーに関する年齢や住む地域、インスタグラムを使用した時間帯などを知ることができます。投稿が閲覧された回数(インプレッション数)ややウェブサイトクリック数、投稿のエンゲージメント数など、運営するときに使えるなデータを見ることも。
また、お店をしている人にとっては、プロフィール上部に「連絡先」ボタンが表示るので、店舗情報をいれることもできます。
また「Instagram広告」を出すことができるのも特徴です。

プロアカウントのデメリット

アカウントを「非公開」にできなくなります。ちなみに以前は、プロアカウントへの切り替えには「Facebookページ」との連携が前提でした。現在は仕様が変更され、Facebookページがなくてもプロアカウントに切り替えできるようになりました。

ストーリーズを使ってみる

多くのウェブサイトでは「ストーリー」と表記されていることも多いですが、こちらでは「ストーリーズ」と表記します。
インスタグラムを使っているユーザー70%ほどが利用しているといわれているストーリーズ。
ストーリーズの一番の特徴は、「24時間」で消えることです。3秒~15秒の動画が1日限定で消えるという点が20代を中心により気軽な情報発信手段となっています。設定すれば自分のスマホに自動的に保存されるので、再投稿も可能です。

ストーリーズの手順

ストーリーズにあげる写真や動画を撮影するし、文字やスタンプを入れます。
それ以外にハッシュタグ#や位置情報、友達のアカウントを入れたりすることもできます。 最後に投稿をシェアすれば、完成です。

ストーリーズの便利な機能

ストーリーズは加工の種類もたくさんあります。10枚の写真をつなぎ合わせるループ動画や逆回転動画、フィルターもかけられます。加工以外に知っておいて欲しい機能が2つあります。

ひとつはアーカイブ機能。
自分が投稿したストーリーズを他のユーザーが閲覧できないようにする機能です。インスタグラムの投稿にもあります。ストーリーズは24時間経つと自動的にアーカイブされて、表示されないようになっています。投稿が削除されたわけではありません。

2つめがハイライト機能です。
ストーリーズに投稿した画像や動画をプロフィール画面にまとめて残せる機能です。この機能を使うと、自分のお気に入りのストーリーズの投稿を好きなカフェやお店などジャンルごとにまとめれば、いつでも見てもらえます。

IGTVを楽しんでみる

IGTVとは、「Instagram TV」の略称で、インスタグラム内にある動画のコンテンツを指します。
「IGTV」の大きな特徴は、最長1時間もの動画を投稿することができる点です。
自分がフォローしているユーザーには、IGTVを投稿するとリンクされます。また、フォロー中のユーザーが投稿した動画だけでなく、人気のある動画を自動で表示してくれる機能もついています。

IGTVというサービスができたのはどうして?

インスタグラムはもともと、写真を撮ってその世界観を感じるというのが当初のユーザーにとても評価されました。
ユーザーの人口は順調に増えていたのですが、アメリカの動画配信市場が大きく関係しています。
インスタグラム発祥の地のアメリカでは、動画配信の番組がm2013年時点で視聴者が4500万人だったところ、2018年には7200万人にも増えているというでーたがあります。たった5年で倍以上になる市場を見逃すわけにはいきません。ユーザーをさらに獲得するためにも、インスタグラム内でもビデオ配信を目的としたサービスを開始したと考えられます。

IGTVでできること

2020年4月現在、IGTVの機能は4つに絞られます。
・縦長の動画を投稿できる
以前はインスタグラムで投稿できる動画は、横長のものしか投稿できませんでした。しかし、「IGTV」では縦長の動画を投稿することができるので、撮影するときにわざわざスマートフォンを横にして撮る必要がなくなりました。

・最長60分の動画を投稿できる
最長60分の動画が投稿できます。ストーリーズは5秒、インスタグラムの投稿では1分に納めなければいけなかった動画。これでほぼ制限なく投稿することが可能になりました。
ここで注意しておきたいのが、「IGTV」は動画を見るだけの機能しかないので、撮影したりオンタイムでライブ配信はできません。ライブ配信はストーリーズの機能になります。
もし、ライブ配信した動画をIGTVに投稿したいときは、いったん撮影して、スマートフォン端末に保管した画像をアップするという工程が必要になります。

・インスタグラムに動画を投稿できる
「IGTV」で投稿した動画は、インスタグラムの投稿として、共有することができます。
しかし、インスタグラムの投稿は1分で切れてしまい、「このまま見る」という表示が出てきます。その後IGTVに誘導される仕組みになっています。一度IGTVを投稿すると、普段の投稿画面とメンションや写真にタグ付けしてもらった画像の画面の間にIGTVが出現します。

IGTVの今後

まだインスタグラムの動画サービスは、マネタイズされていませんが、これからマネタイズしていく可能性は大いに秘めています。インスタグラマ―と呼ばれる人もこれから動画配信を始めるのは必須。どんな変化が生まれるのか、楽しみですね。

最後に

インスタグラムをさらに活用するポイントいかがでしたか。使ったことがないという方も多い機能ですが、一度使ってみると以外に楽しいです。特にストーリーズは、気軽に投稿できる、24時間で消えるという利点もあるので、臆することなくはじめてみてはいかがでしょうか。

1 個のコメント