インスタグラムで重要なプロフィールをチェックしよう

SNSの中でもコロナ禍にアクティブユーザーが多いと言われたInstagram(インスタグラム)市場。

インスタグラムは写真などの画像を入れて発信するSNSです。
その中で目を惹くアカウントとはどんなものでしょうか。

またインスタグラムの中身を整えるときに、プロフィールは、フォローを増やすために最も重要な部分がプロフィールです。

「プロフィール」の重要性とユーザーに興味を持てもらえる自己紹介文について詳しく解説していきます。

インスタのプロフィールについて

インスタグラムの投稿をする上で大事なプロフィール。

写真や画像以外で気に入ってもらっても、誰がどんな情報発信をしているのかプロフィール欄に記載が必要です。

  • ビジネスに発信に関する情報をプロフィール内に書かれていること
  • フォロワーやインスタユーザーが問い合わせることができる連絡先を明記していること
  • 関連するウェブサイトやSNSの投稿内容に見合った自己紹介になっていること
  • ターゲットとするユーザーに対して、自分が発信する投稿が役に立つ理解してもらうため
  • 訪問した人から何らかの行動を起こせる動線がしっかり分かりやすくなっているか

インスタグラムの機能として、プロフィール以外にも使えるアイテムが備わっています。
訪問した人がインスタグラムを通じて、ビジネスや情報について見てすぐに把握し、すぐに行動に移せるようなプロフィール作成をすることが大切です。

インスタグラムのプロフィールとその重要性

どうしてインスタグラムのプロフィールが大事といわれるのでしょうか。

それは、インスタグラムを見て私の投稿をハッシュタグ検索ででみつけたとき、どんな行動をとりますか。
「どんな人だろう?」と気になって、プロフィールに移動してくれるでしょう。

そこで、プロフィールに興味・共感を持ってくれたら、フォローしてもらえるのです。

逆に、プロフィールに何も書かれていない人の場合、どうでしょうか。

あなたはフォローしますか?

どんな相手かわからないと、本人の特定が難しいSNSですし、たぶんフォローしないでしょう。

というわけで、プロフィールで自分の人となりがわかるようにしておくのは、インスタグラムを使っていく上で、最重要課題といっても過言ではありません。特に、フォロワーを増やしたい人にとっても同様です。

インスタグラムでクリックできるURLは1つだけ

インスタグラム上では、プロフィール欄下にある、1ヶ所しか、リンクを貼る場所ありません。

フォロワー数が1万人を超えるまで、は1ヶ所しかないので、インスタグラムからどうやってリンク先に行ってもらうかです。

  • 顧客リストが欲しい方は、LINEのリンク
  • 動画を見て欲しい方は、youtubeかティックトック
  • 商品を買って欲しい場合は、ネットショップ
  • 詳しいレビューを見たいときはブログ
  • お店に直接来て欲しいときは、ホームページ

という具合に、目的に応じてリンク先にが変わっていきます。

また、ユーザーが複数のリンクを見て欲しい場合は「Linktree」というプロフィールページが簡単に作成できるアプリがおすすめです。

Linktree

「プロフィール画像」は目に入ると記憶に残る存在

次に大事なのが、プロフィールの中の左上にあるアイコン画像です。
この画像が興味・関心を引くものであれば、それだけで人の記憶に残ります。

プロフィール画像で大切なのは、見た人の興味や関心を引き、印象付けることです。

反対に、プロフィール画像がない、もしくはシンプルすぎて記憶に残らないものだと、プロフィールはすぐに閉じられてしまうでしょう。

プロフィール写真

プロフィール画像はわかりやすさが基本です。

もしも、顔出しが嫌な場合は、料理や風景など、自分がよく投稿するジャンルの写真なら投稿している情報がイメージしやすいでしょう。

講師をされている方は、本人と教える内容にちなんだものを持っているとわかりやすいです。
お店の場合はお店の外観や看板にしておくと、実際に訪問したときにするにお店と理解でき、わかりやすいです。

やってはいけないことは、有名人の写真や漫画のキャラクターなど著作権に触れることです。避けてください。

参考に芸能人や企業のInstagramを例として挙げておきます。

渡辺直美さんのインスタグラムのプロフィール画像は特徴的です。
以前は全身の写真でしたが、2021年1月現在はドアップ。
定期的に更新されています。

ユニクロさんのインスタグラムはロゴを使っています。
ゴロが世間一般に浸透している場合、ロゴもいいですね。

ユーザーネームと名前に注目!

ユーザーネームとは、プロフィールの上部に表示されている英語の表記です。

インスタグラムで設定するプロフィール文章の上に表示される「名前」と間違われがちです。
アカウントの個性を決める重要部分ですので、意識しましょう。

ログインに必要なIDになるので、他ユーザーと被ることはありません。

ユーザーネームは検索されることを考えて、設定は個性が表れるものを設定しましょう。

ここが、お店の名前や個人で活動されている場合、個人のお名前ならいいのですが、ペットの名前や、癒しの時間など、発信内容と違うユーザーネームはおすすめしません。

活動してしる地域をユーザーネームに入れるのもありです。
例)お店の名前+地名 個人名前+地名

インスタグラムの要「自己紹介」の文章を整えましょう

インスタグラムのプロフィールを整えるのは写真だけではありません。

一番文章がかける自己紹介欄もぜひとも整えてください

「自己紹介」の効果的な書き方

プロフィールの中の「自己紹介」欄にかける文字は150文字以内。

文章が長いと読んでもらえません。

箇条書きをいれたり、改行を入れたり、絵文字を入れて見やすくします。

文章が長くなってしまうと保存してからプロフィールを見たときに、最初の3行だけ表示されて、
あとは「続きを読む」と、表示されてしまします。

本当に伝えたい内容は最初の3行で納めるようにしましょう。

自己紹介修正時の注意点

コロナ禍でにわかにインスタグラムユーザーが増えた時期がありました。
その時期は、複数のアカウントを一気に作って営業をかける変なユーザーが急増したのです。

その対策として、インスタグラム側が頻繁に自己紹介文を変更できなくしてしまいました。
2回修正したら、14日間は修正ができなくなります。

修正するときは、事前にメモ帳などに文章を打ってから編集して完成してから、コピペしてインスタグラムの自己紹介欄に張り付けしましょう。

インスタプロフィールの見逃しがちなポイント

インスタグラムのプロフィールで大事な画像、自己紹介文、URLについて説明しましたが、まだ重要な部分が残っています。まとめて解説しましょう。

ビジネスカテゴリ

名前と自己紹介文の間に表記されるカテゴリです。

  • プロアカウントにしていると11種類のカテゴリに分けられ、さらにそれぞれサブカテゴリがあります。
    全部を書き出すのは大変なので、割愛しますが、そこから自分の仕事やお店にあるカテゴリを選んでください。

良く使われているカテゴリの例

  • コンサルタントなどノウハウを販売する人は『Webサイト・ブログ』のサブカテゴリ『個人のブログ』
  • 店舗を持った地域密着なビジネスでは、『ローカルビジネス』のサブカテゴリ『ローカルビジネス』
  • アパレル系のお店は『ブランド・製品』のサブカテゴリ『商品・サービス』
  • イラストレーターや動画作成などのクリエイターさんは『その他』のサブカテゴリ『芸術・技術』
  • 音楽活動をしている人は、『音楽』のサブカテゴリ『ミュージシャン・バンド』

ボタン

インスタグラムをプロアカウントにしていると、連絡先オプションとしてボタンを追加することができます。

  • 電話
  • メール
  • 位置情報

また、追加でお店によって使える機能があります。
予約する、注文する、チケットを購入など多様にあるので、どのボタンを増やすかは業態に合わせて選択してください。

ストーリーズハイライト

インスタグラムのプロフィール画面、ボタンの下に表示さるのが、ハイライトです。
ストーリーズの投稿は24時間で消えてしまいますが、ハイライトすれば、削除しない限りここに表示され続けます。

お店のメニュー、最寄り駅からのアクセス、近くのコインパーキング情報、商品コレクション、ネットショップ、ニュース、PR など、テーマ別がわかりやすいです。
お店でPRしたいものをストーリーズに挙げてまとめましょう。

過去のストーリーは、ハイライトを新規作成して選び、投稿してから24時間以内のストリーズは、ストーリーの再生画面からハイライトを作成・追加するから作成が可能です。

まとめ プロフィールを充実させてPR

インスタグラムでフォロワーとの関係性を築く前に、プロフィールをチェックされたときに、興味を持ってもらえるように工夫するポイントについてご紹介しました。

ユーザーに第一印象がよく関心を持ってもらうことができたら、フォロワーになってもらう一番の近道となるでしょう。

ぜひプロフィールを整えてみてくださいね。




補助金を使ってHP制作したい経営者の方
HP無料相談、実施中

ホームページの学校を運営しているLIGHTUPでは、100社以上の支援実績から見つけたホームページを使った集客について、ご相談を受け付けています。まずはお気軽にご相談くださいませ。




ABOUTこの記事をかいた人

転勤生活を経て、2017年主人の出身地である金沢市に移住。 3人の子育ての傍ら、クラウドソーシングでライターとして経験を積む。 現在は、ウェブライターとして活動の傍ら、 SNSの情報発信について、日々研究と実践を重ね、フォロワー3000人を達成。 ホームページやWordPressの基礎知識もあり、管理や運営のお手伝いも可能です。 石川県のお土産を紹介しているインスタグラムを運営中