ホームページ作成の初心者にも!ワードプレスとは何かをわかりやすく解説!

世界的にもシェア数の高いCMSで知られる「WordPress」は、ブログやホームページ、ショッピングサイトなど様々なウェブサイトを構築できるツールです。

ワードプレスは無料で利用できるサービスなので、ホームページ作成の初心者でも安心して利用することができますが、イメージするようなホームページを作成するには多くの技術・知識も必要となります。

今回はワードプレスとはどんなサービスなのか、ワードプレスの導入方法や利用方法についてわかりやすく解説していきたいと思います。

ワードプレスとは?

「ワードプレス(WordPress)」とは、ホームページやブログなどを無料で作成することのできるCMSのサービスです。

本来はプロ向けのサービスであるため、拡張性も非常に高く、どんなスタイルのホームページでも作成することができるのがワードプレスの特徴となっており、世界中で支持されるCMSのひとつでもあります。

ワードプレスを利用するメリット

ワードプレスはブログをベースにしたサービスですが、技術さえあればどのような形にも拡張・構成することができるため、ショッピングサイトや企業サイトなどでも作成することが可能です。

「プラグイン」と呼ばれる拡張機能やデザインテンプレートも豊富に揃っており、ワードプレスで作ることのできないホームページは無いと言っても良いでしょう。

また、ホームページ作成だけではなくメンテナンスも容易に行うことができ、編集や管理が行いやすい点もワードプレスの特徴です。

ワードプレスのデメリットとは?

ワードプレスは基本的に無料でホームページを作成することができますが、デメリットに挙げられるのが「難しさ」です。

プラグインを利用することで思うようなホームページを作成することは可能となりますが、ある程度の技術がなければデザインや機能を上手く利用することはできません。

また、htmlで組まれたホームページよりも表示速度が遅いこと、コンピューターウイルスが仕込まれたプラグインやデザインも多く存在するなど、利用する際にはリスクやデメリットを回避できる技術・知識も求められます。

ワードプレスを利用するには

ワードプレスは「PHP」と「MySQL」と呼ばれるデータベースを使用するCMSですので、ワードプレスの利用要件に応じたサーバー・環境を自分で用意しなければなりません。

このほか、必要に応じて「ドメイン設定」が必要になったり、自身でデザインを編集したりするのであればFTPクライアントアプリを、オフラインで編集するならホームページ作成ツールが必要になります。

ワードプレスで出来ること

ワードプレスはホームページを作成するだけではなく、ショッピングサイトでは注文管理や売上データの管理、予約システム、顧客管理と言ったツールも構築することができます。

また、お客様向けのサイトではなく、社内用に限定したサイトを構築するといった使い方をすることも可能です。

ただし、こうした構成を行うには技術も要するため、要件によっては制作会社に依頼して作成してもらう方が良いケースもあります。

ワードプレスでホームページ作成するには

CMSを利用した無料ホームページ作成サービスでは、ウェブサイトにアクセスし、ウェブサイト内でホームページを組み上げていくイメージとなります。

一方、ワードプレスはオンライン・オフラインの、いずれの方法でもホームページを作成することができ、外部ツールを利用すればオフラインでミラーサイトも構築することができます。

ミラーサイトを構築できれば、本番となるサイトの試し運転を行うことも出来るので、より完全な状態でホームページを公開することができます。

ワードプレスは初心者でも利用できる?

ワードプレスは初心者の方でも利用することは可能ですが、ホームページのデザインをイメージ通りに仕上げるとなると、最終的に技術が必要になってきます。

また、ホームページを作成できたとしても、特に重要となるSEO対策やホームページの管理は自分で行う必要があるため、初心者には少しハードルが高いと感じてしまうでしょう。

そのため、事業規模が大きい場合や企業用のホームページを作成する場合は、制作会社に依頼するケースのほうが多いです。

敷居は低いがハードルはやや高め

ワードプレスは質の良いデザインテンプレートなども無料でたくさん公開されていますので、初心者の方でもクオリティの高いホームページを無料で簡単に作成することができます。

ただし、「HTML」のほか、「CSS」や「PHP」といったコンピューター言語もたくさん利用されているCMSですので、ワードプレスを使いこなすにはそれなりの技術・知識は必須となります。

無料でホームページを作成できる他のサービスと比較すると、ワードプレスは最も多機能である半面、最も難しい部類に入りますので、全くの初心者という方にはハードルの高いCMSでもあります。

わかりやすく解説しているサイトも多い

ワードプレスを使いこなすのは難しいですが、世界中で多くのユーザーが利用しているツールでもあるので、ワードプレスに関する情報はネット上にも多く存在しています。

利用方法を解説しているサイトも多く存在していますので、参考書となるサイト探しには困らないでしょう。

それだけ知識を必要とするCMSではありますが、初心者の方にとってはホームページ作成の技術・知識を向上させることの出来るツールでもあるので、時間的な余裕があるのであればおすすめのCMSと言えます。

まとめ

実際にワードプレスを利用している企業サイトも多いですが、そのほとんどはデフォルトのスタイルではなく、デザインや機能も細部までこだわり抜いたホームページが多いです。

ワードプレスを使いこなすことができれば、自分で作ることのできるホームページの幅も広がりますので、無料でも高クオリティなホームページを構築することが可能となります。




補助金を使ってHP制作したい経営者の方
HP無料相談、実施中

ホームページの学校を運営しているLIGHTUPでは、100社以上の支援実績から見つけたホームページを使った集客について、ご相談を受け付けています。まずはお気軽にご相談くださいませ。




ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは!このブログの編集長「みゃーこ先生」こと清水美耶子です。 インターネットや広告が苦手な経営者の皆様に、わかりやすく説明し、継続に受注ができるようアドバイス、コンサルティングを行っていきます。 ・100社以上のサイトを作り上げてきた経験があります。 ・WEBデザイナー・コーディネーター ・経験15年以上